オーガニックライフ

カテゴリ:Herb( 19 )




*+☆.* 占星医学とハーブ学の世界 ☆*.+*

現在の医学は勿論、占星術は使いません。
しかし今から500年くらい前は天文学と占星術は同じ土台にあって、診療や治療に天体の運行が加味されていました。
医学の祖ヒポクラテスは勿論、ガレノス、アグリッパ、パラケルスス、ノストラダムス(ただの占い師じゃありません医師です。)そしてカルペパーと多くの人がその活用法の足跡を残してくれているので、ご存知の方も多いと思います。
この占術、上手に使えば宇宙のリズムに自分を合わせるのにとても心地よい方法の一つなのです。侮れません。

その中で、ハーバリストのカルペパーの残した著作をテーマに<占星医学とハーブ学の世界>の著者であるグレアム・トービン先生の講座に参加出来たことは今年一番の収穫かもしれません。
d0030693_15014613.jpg

最初は原文を何とか読み、その後、この本の監訳をされた鏡リュウジ先生からこの本のハーブの和名などの附録の部分で関わらせていただいたのでなおさらです。
この中で、トラガントガムという丸薬を作る時に使用する基材が気になっていたので、お聞きしたところ、今でもイギリスのドラッグストアで入手できるとのこと。
実は今回先生へのお土産には日本でもかなりレアな高野山の丸薬<陀羅尼助>をお持ちし、丸薬の事でほんの少しばかりお話しさせていただきました。そしてこの丸薬から日本の香文化も生まれたことなども。上手く伝わったかどうかは謎ですが。。。。。
私の発音が悪すぎて、そのスペルは?とか言われてしまって。。。ビビります><


カンファレンスの後、そのトラガントガムを探したのですが、やはりちょっと大きめのドラッグストアでしか販売していないことが判明。だったらあとはネットでと思ったら、なんとありました!

d0030693_15025262.jpg

シュガークラフトでの作成に使われているそうで、合羽橋で入手することが出来ました。

丸薬を作るのかって?

d0030693_15033914.jpg
いえいえ、印香を作ろうと思っています。印香には通常ふのりを使うのですが、すこし海藻の香りが気になっていました。その辺りを解消してくれるかもしれません。その入手したトラガントガムはやはり英国製・・・・現地とは価格が違うかもね。日本ではかなりお高めです。

占星術も古代から各地に存在しますが、
丸薬はじめ薬の存在を感じます。やはり人類にとって、いや地球上に生を受けたものにとって、心身ともに健康に過ごすことは永遠のテーマなのでしょう。知りたいことが尽きることはなさそうです。

*************************************************************************************************************************************************************************************************************************************

[PR]



by naturalis | 2016-09-30 15:10 | Herb

*+☆.* ガーデンミュージアム ☆*.+*

週末は関西でした。

暑い暑い京都市内を逃れて、比叡山へ。
d0030693_15591218.jpg


ケーグル電車やロープウェイを乗り継いで山頂に着くと、そこには延暦寺にたどり着く前に、ガーデンミュージアムのご案内に思わず入園してしまいました。
d0030693_160187.jpg

まずは素敵な寄せ植えがWelcome❀❀❀

綺麗にレイアウトされている草花たちが私たちを迎えてくれます。

d0030693_1623022.jpg



d0030693_163096.jpg

所々で<琵琶湖>を眺める事も出来ます。
d0030693_1634160.jpg



途中には、モネを模した<蓮池>も~♪
d0030693_1662745.jpg



<香りをテーマにしたハーブガーデン>も
d0030693_167554.jpg



d0030693_1673746.jpg


かがやくような日差しを浴びて、すくすくと育つハーブ達でした。


我家のハーブはサバイバルモード。。。。。。。。何とかしなくてはと思いをはせる滞在でした。







この後は、比叡山延暦寺へGO~♪♪♪












*******************************************************************************************************************************************************************************
[PR]



by naturalis | 2016-08-04 16:14 | Herb

*+☆.* 続・養生訓 ☆*.+*

やっと読み終えました。貝原益軒の<養生訓>←(難点は活字が超小さい><

今のTVの健康番組や雑誌の健康特集のデータベースのような、、、、、、、今の世では<えっ!>、と思うような突っ込みどころもありましたが^^;

一緒に読んだのが<まるわかり江戸の医学>
書かれた時代の背景を把握することも大事な事と考えます。

d0030693_1936899.jpg


TVドラマの<仁>など医療系の監修をされている酒井シヅ先生監修のご本で、江戸時代の様子も垣間見ることが出来ます。解体新書や蘭学事始めなどの様子や、杉田玄白、貝原益軒・花岡青洲など当時の江戸の医療事情がしのばれます。しかし、医療は大きな発展を遂げたものだと。
終始、貝原益軒は未病の心得を解いています。

病気になったら医術は助けてくれます。
しかし、ある程度ここにも<運>が。いかに相性の良い医師に出会うかも必須。

まずは重篤な病気にならいように<養生>が大切だと改めて感じました。
毎日の食事・睡眠・気の持ち方(この本の中ではストレスに関しても触れています:ストレスという言葉がまだ確立していない時代です)。

さて、今宵は何を食べませう~☆※☆


******************************************************************************************************************************************************************
[PR]



by naturalis | 2016-07-17 19:47 | Herb

*+☆.* ウィロー・<柳>☆*.+*

<柳>と言えば、日本では銀座の並木や、はたまた柳の木の下には幽霊とか、楚々とした弱弱しい感じがしませんか?

イギリスに行くたびに必ずどこかのハーブガーデンを訪れるのですが、その際に思う事、なんだか柳の木が立派なんです。
逆に銀杏の木が小さ目な気もしますが。。。。。。

これは、リージェンツパークの池のほとりの柳の木です。
いや<木>というより<樹>。。。立派でしょう!
d0030693_16531274.jpg


この<柳>、実はあるお薬の素になる事をご存知ですか?

メドウスィートというハーブと共に<アスピリン>の原料となっているのです。
d0030693_1793267.jpg


そのウィローのなかに含まれるサリチルリチル酸などの成分が鎮痛・抗炎症・解熱効果が認められ、成分を抽出・合成して薬剤が生まれていくのです。
その反面、その薬剤によって胃腸障害はじめいろいろな副作用が発生し、また従来の伝統的なハーブ療法やアロマセラピーなどの新しい代替医療の発展も見るのですが、一時代に大きな薬学の発展に寄与したことは間違いない事なのです。

ハーブには私たちをサポートしてくれる重要なモノを沢山含んでいます。

今も、キューガーデンやチェルシーフィジックガーデンでは英国王室のバックアップもあり、研究がなされています。(って意外とと言ってはいけませんが、イギリスは医療の多面的な先進国です。Vetro Babyなどの事実例もある国)

d0030693_17165295.jpg













d0030693_17173050.jpg



そして、その貴重な成分と効用をどう使うかは私たち人の心に託されているのではないでしょうか?
心して、植物と私たち体の声を聴き、有効に使わせていただこうと思います。















******************************************************************************************************************************************************************************************
[PR]



by naturalis | 2015-10-04 10:46 | Herb

.+☆* ハーブボール+α ☆。+*

植物、特にハーブ(薬草)は、世界各地に生育し私たちはじめ地球上に生きるものすべてにエネルギーを届けてくれています。あるときは食材、あるときは治療薬として、、、、、、、。

先日も<チベット医学>の講座に参加し、改めて気づかされました~☆
d0030693_2022276.jpg

今回は実際に使われているハーブをご持参いただき、見せていただきました。そして味見も~^^
ティーバッグや、小さいボールはハーブボールといって温めたオイルに浸して、ツボにあてて循環を良くし症状を改善させる働きがあるとか。これは、東南アジアのトリートメントにはあるので、その経緯を含んでいるのでしょうね。私も体験したことがありますが、血行がよくなりコリの解消にとても効果的です。

<チベット医学>はタンカと言われる図版があります。これは文盲の人でも分かるようにと、、、、、
d0030693_20304374.jpg

絵により、それぞれの体質別によってどのハーブや鉱石を使ったらよいか、どんな養生をしたらよいか、はたまたどんな生活を送るべきかなど道徳的なことも事細かに描かれています。
原画は大きいとのことですが、この冊子は小さいので虫めがねが必要かも。虫眼鏡越しに見ると結構笑えたり(お茶目という意味)やあれれと思う事が描かれていてなかなか興味深いです。

もうひとつ、<チベット医学>もやはり星の運行をかなり重視するようです。
それは<暦>ということにも繋がっていて、この↓小冊子もいただきました。これもなかなか面白い~^^v
d0030693_203642100.jpg

←隣の植物画は<ヒヨス>(毒草)で、チベットでも有効な薬草として使われているそうです。いろいろな植物画の中から、一枚を選んでいただけることになったのですが、迷った末、やはり毒草を選んでしまった私。
正直、綺麗なだけの植物より、毒もあるけど有効な働きをするアイテムがあるものが好き=蠍座っぽいと感じ入る。

d0030693_20405811.jpg


冊子の中はこのようになっています。
日本でいう<高島易>のような感じでしょうか?正式な天文暦は専門家が把握し、こちらは一般市民が日常利用しているものらしいです。運勢の良い日とか、あまり良くない日とか明記されているのですが、ちょっと西暦とはずれるところもあり、なかなか独創的な暦で、そういうところが<チベットの神秘>を醸し出しているのかもしれません。

チベットの医薬にも沈香や龍脳などが使われているので、超豪華と思ったのですが、この沈香は沈香木のことで、樹脂がでる香料で珍重される部分とは違うようです。
チベットの丸薬も練香のような感じで、香りもエキゾチックなスパイス系の香り。

しかし、みんな繋がっている、、、、、、、、、宇宙規模で!
[PR]



by naturalis | 2011-06-05 20:52 | Herb

。*+☆ dokudami*ドクダミ.*:.+

我が家の庭は今、ドクダミの花が満開、、、、、というか咲き始めました。

実は数年前までは、我が家にドクダミはあまり相性が良くなかったようで、あまり生えてきませんでした。それで鎌倉の実家から数回もらっていたのですが、昨年ごろからきちんと咲くようになりました。
繁殖力が凄い割には、我が家には相性が悪かったか?????
その代わり、近所もですが<南天>の樹がどこでもあります。鳥達が運んでくれるようです。

さてさて、そのドクダミ
d0030693_2258196.jpg


漢方では<十薬>とよばれ、多くの薬効効果を持っています。血圧を安定させるとか、肌のトラブルの緩和とか、鼻粘膜の炎症緩和などなど。
匂いが特殊なので、ちょっとと敬遠されるかたもいらっしゃいますが、なかなかの優れものです。

花部は特に薬効効果が大きいとか!
それで今年もティンクチャーを作りました。
d0030693_2311033.jpg
広島に原爆が落とされたあと、最初に芽を出したのは<銀杏>と<ドクダミ>だといわれています。
思えば過日、<チベット医学講座>に参加した時、講師のアムチ先生が会場にいらっしゃる間に摘んでいらしたのも<銀杏の葉>と<ドクダミ>でした。
どちらも薬効効果が優れたハーブです。
<銀杏>にいたってはあまりの生命力にこれはなにかあるといってドイツの医学者・薬学者が研究し、その中に脳の血行を良くする効果を見出し、アルツハイマーの症状進行防止を突き止めたという経緯があります。
ドクダミも日本に昔からその薬効効果は認められていて、ハーブティーとしても飲用されてきました。
でも、道端にあるのは??????なので、我が家は自家培養していますっ!

ドクダミのティンクチャーを作る時、ついでに<梅酒>も~☆
d0030693_2382822.jpg

これも立派な薬用酒です~☆☆☆
[PR]



by naturalis | 2011-06-01 23:10 | Herb

*。+☆ チベット医学 ☆。+.*

先日、<チベット医学講座>に参加してきました。d0030693_21292611.jpg

チベット、、、、、、とても<神秘的>!と言ったら、早速先生に
「それは思い込みで~す!」と言われました~^^;
先生とは、薬剤師さんでしかも本場チベットで薬学・医学を学ばれた
小川アムチ先生
さすがに本場で学ばれ、しかも資格まで獲得された方の言葉には信憑性があります。ふむふむ。
チベット人の考え方は、自然に逆らうことなく、実はごく普通の人としての営みをしているからなのかもしれませんと。。。。。私たち、日本人が忘れてしまったり、置き忘れてしまった大事な事柄などなど。
医者と患者の関わり一つとっても聴診・問診・触診をとても大切にするそうです。このあたりは、現在日本の医療で欠けている傾向がある部分ではないでしょうか?当たり前のことなのに、まず数値や画像診断など先進医療の導入がかえって、基本的な事が抜け落ちさせているのかもしれません。
人は、高度な検査や薬剤より、お医者様に真剣に話を聞いていただき、触れられることで改善することも多々あるのではないでしょうか。

チベット文化(神話?)はちょっとニューエイジ文化が、揶揄してしまった部分もありそうです。

話は元に戻って、

チベット医学の大きな考え方は3つ<ルン><チーパ><ベーケン>に分かれるそうです。
これはインドのアーユルベーダ<ワーク><ピッタ><カバ>と同じとみて良いそうす。
チベットは現在中国に自治されているので、中国的考え5行かと思ったのですが、インドの傾向が見て取れ興味深い。ここでもシルクロードの香りを感じます。
対応する治療薬もハーブはもとより、鉱物・動物も。
今回はまだまだ初歩の初歩、私は途中参加なのですがこれからの講座が楽しみです。

尚、今回の講座を企画してくださったのは、アロマセラピーを共に学び、今ライターとしても活躍している
樋渡志のぶさん。彼女はいろいろな問題に真剣に取り組み,活動されています。
彼女の活躍はこちらから→ クプクプ

*画像の本は<四部医典タンカ>    タンカとは仏画のことで、本の中は80枚の絵で医学の知識が図解                           で説明されています。
[PR]



by naturalis | 2011-05-18 22:01 | Herb

*。☆. ネトル*Nettle  +☆.*

毎日、寒いですね。

特に日本海側にお住まいの方は連日の雪で大変そう。東北新幹線は折角青森まで開通したというのに、積雪の多さにダイヤも乱れがちのようですし。
幸い東京はまだ積雪が無いので、まだ良いのかもしれません。
しかし、乾燥していますねぇ~。

そして、今年もまたこの寒さが過ぎるころに<花粉症>の季節へと突入します。

私も10年位前までは、花粉症でした。
花粉が飛来する前から、お薬を飲まないと駄目になりな状態になった時に、出合ったのがハーブティーで対応するというものでした。
杜仲茶も飲んでみましたが、個人的にフィットしたのがネトルというハーブでした。
d0030693_228502.jpg

欧州では雑草のように群生しているちょっと棘のあるハーブです。素手で掴むと大変なことになります。その前に掴もうと思うときに悲鳴をあげるかも。。。。。。
ちょっと触っただけでもチクチク、しかもあとあとまで続きます。経験済み~^^;
日本にもある地域にはあるのですが、ちょっと違う品種かもしれません。和名は<イラクサ>。
今では大手のハーブショップでは販売しているので、入手しやすいハーブの一つで、ブレンドしたもののたくさん出回っています。
抗アレルギー作用があるので、そのあたりが花粉症の症状緩和には良いのでしょう。
そのほかにも、カルシウムも含まれているとか。アンチエイジング対応によい効能も含まれています。

個人的にはこのネトルにフェンネルをブレンドして飲むのが好きです。

そろそろ、花粉対策として飲み始めようと思っています。

*サロンでは試飲も可能ですので、ご希望の方はご来店時にお知らせくださ~い。
[PR]



by naturalis | 2011-01-17 22:16 | Herb

*☆。** ミニ・キッチンガーデン  *。+☆*

本の中のコラムにも書かせていただいたのですが、
<ハーブのミニ・キッチンガーデン>

d0030693_20514191.jpg


ちょっとボサボサ↑していますが、あると便利。パセリやルッコラ、ミントなどはちょっとあれば良いので、常備しています~♪

今年の冬はほとんど庭に出なかったので、買っておいた球根は箱で芽が出てしまったり、垣根に鳩が巣を作っていたり、実はとんでもないことになっていました。

d0030693_20552917.jpg

あとは、アロエやマーレイン(ビロウドモウズイカ)が知らない間に大きくなっていたことと、チックウィードがいたるところに進出していたこと。
庭には、そこに住む人が必要とする植物(ハーブ)が自生するということです。
チィックウィード(はこべ)が沢山あるということは、家人はビタミンとカルシウムが不足気味!ということでしょうか。。。。。。。気をつけますぅ~。
[PR]



by naturalis | 2010-03-23 20:59 | Herb

*☆+ キッチンハーブ *☆;+

味覚の秋の到来。。。。。。

果実も魚も、そうそう牡蠣も美味しい季節となってきました。
勿論、旬なモノはそのままいただいても美味しいのですが、お鍋にしても美味しい食材が沢山出回ってきていますね。

d0030693_1116114.jpg


そんな時に役立つのがキッチンハーブ♪
窓辺に置いて、何かあるごとにチョキン。あれ~、こんなにスカスカになってしまいました。そう、夏の間はサラダにこのハーブたちは大活躍でした~♪トマトにバジルとイタリアンパセリをパラパラかけて、塩コショウとオリーブオイルの組み合わせは定番サラダでした~^^
さすがにバジルはもう葉が硬くなってきてしまいましたが、花を咲かすことなく秋に突入!自家製なので、安心して口にすることが出来ましたし、なんといって買ってくるものより香りが豊かです。

今年の暑い夏を、奇跡的に生き残ったこれらのハーブ、、、、、今度はブーケガルニとして活躍していただきましょう~☆*

*ちなみに、画像のハーブはチャイブ、タイム、イタリアンパセリ*
[PR]



by naturalis | 2008-10-21 11:29 | Herb

心と体に良い事:身の周りの素材についての再考
by naturalis
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新のコメント

☆あずさま☆ はいはい..
by naturalis at 10:36
写真付きのご報告、読ませ..
by あず at 22:14
astroaromaさん..
by naturalis at 11:20
今日は久しぶりにお会いで..
by astroaroma at 22:08
ksakamoto8さま..
by naturalis at 17:09
のぶえ様 ボーンジョルノ..
by ksakamoto8 at 09:27
Ksakamoto8さん..
by naturalis at 17:15
のぶえさま♪ 昨日ゆき子..
by ksakamoto8 at 19:08
irisekeikoさま..
by naturalis at 11:18
naturalisさん、..
by irisekeiko at 18:13

Excite以外のHPとお気に入りBLOG

☆<ナチュラリス>のホームページはこちらから・・・
naturalis

☆ステキなBLOG
Aurora Amethyst

ファン

ブログジャンル