オーガニックライフ

* William Lilly * ウィリアム・リリー *

ウィリアム・リリーと言ってすぐに分かる方はかなりの占星術通・・・いやかなりの有名人?
それとも私がただ知らなかっただけなのか(・。・?)
去年の夏に知ったかなり奥手・・・いままで、この分野はスルーしていました。

昨年、IFAの20周年の記念総会に参加した際、ワンダー・セラーさん(注:1)のワーク・ショップに参加。それはアロマテラピーと占星術を融合させたとても有意義な講座でした。
しかし、当然全部が英語・・・分からな~い。
以前のBLOGにもUPしたのですが、その後、IFAの機関誌<アロマテラピータイムス>にその時の記事が掲載され、その翻訳をお手伝い。
(その時の翻訳はIFAの日本語ページからご覧いただけます:タイトルは医学占星術)
かなり、聞き取れなかった謎(?)が解けました。
その時に、文中に引用されていたのが、17世紀に活躍したウィリアム・リリーの著書であったわけで、当時を代表する占星術師だったそうです。
実際、彼も以前からあったラテン語の文献を英語に訳した人。そのラテン語の文献もその前はギリシャ語やアラビア語で書かれていたそうです。
そう、人類の発生から人は惑星と共に生き、脈々と語り継がれた英知の結晶のような・・・占星術・☆読み。
ワンダー・セラーさんの文中には、その他にもニコラス・カルペッパーやコナン・ドイル、シェークスピアの作品引用も出てきたのですが、気になったのがリリーの書。
しかも他の作者は自分でも持っていたり図書館で借りる事も可能だったのですが、
リリーの著書だけは見つからず・・・。
当世を代表する占星術研究家・鏡リュウジさんの講座に参加して、お伺いしたり、
しかし、かなり入手は難しそうな感じでした。
が、ひょんなことから知り合いのフラワーエッセンスの研究家の方
amazon.comを勧められ、(以前にも検索したのですがその時はめぐり合えず)
今回はやっ注文する事が出来、先日入手することが出来ました。
d0030693_22104651.jpg

きっと、偶然ではなく必然・・・そう思いたい。
しかし、私にとって英語は暗号みたいなもの。
<ダ・ヴィンチ・コード>の方がはるかにダ・ヴェンチ・マニアであった私には解読が容易~♪
日本にも占星術の本は沢山出版されています。
その中で、リリーの著書はその基本であるはず。

しかし、今はもっと心理学的な占星術が主流のようです。
でも、とりあえず知りたいのでがんばりま~す!

(注:1  ワンダー・セラーさんはイギリスのアロマテラピストであり、占星術師。LSAの卒業生であり、著書も多々あり)
[PR]



by naturalis | 2006-01-12 22:34 | astrology

心と体に良い事:身の周りの素材についての再考
by naturalis
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新のコメント

☆あずさま☆ はいはい..
by naturalis at 10:36
写真付きのご報告、読ませ..
by あず at 22:14
astroaromaさん..
by naturalis at 11:20
今日は久しぶりにお会いで..
by astroaroma at 22:08
ksakamoto8さま..
by naturalis at 17:09
のぶえ様 ボーンジョルノ..
by ksakamoto8 at 09:27
Ksakamoto8さん..
by naturalis at 17:15
のぶえさま♪ 昨日ゆき子..
by ksakamoto8 at 19:08
irisekeikoさま..
by naturalis at 11:18
naturalisさん、..
by irisekeiko at 18:13

Excite以外のHPとお気に入りBLOG

☆<ナチュラリス>のホームページはこちらから・・・
naturalis

☆ステキなBLOG
Aurora Amethyst

ファン

ブログジャンル